7月より農業研修生として関塚農場でお世話になっています、梅田由理と申します。私が農業を仕事として真剣に考えるようになったのは、過労で倒れ前職の仕事の事を本気で考えた時でした。どうせ転職するのであれば好きなことを仕事にしてみよう!以前より農業に興味があり、家庭菜園をしていたのでできれば農業関係の仕事がしたいと思うようになりました。

 

 

 

昨年1年間は宇都宮にある農業大学校の未来塾へ通いました。それぞれの立場で真剣に農業をやっていこうという仲間ができとても良い刺激になりました。そこで思った事は「自分が作る野菜には農薬は使わないので農薬を使わない農業を学びたい!」「有機農家になりたい!」「美味しく・安全な野菜を作りたい!」というものでした。私は子供がいます。子供には安全でもちろん美味しいものを食べさせてあげたい、口から直接体に入る大切な食事のことは気になります。未来ある子供たちのために安全な食べ物はこれからの時代ますます必要の物になっていくと思います。近年「食育」が注目されています。食事によって、体を作ることはもちろん、精神的にも安定するそうです。

研修を実際にさせて頂いて感じることは、農家の手仕事の大変さです。天候に合わせ、作業を行います。晴れの日も雨の日も畑の土を苗の生育を見守り、台風が来ると風になぎ倒されないように支柱を立て大事に大事に育てます。夏の暑さにも虫の害にも負けずにすくすくと育つ野菜を日々見ていると私も元気が出てきます。強くたくましい野菜たちを作れるように沢山勉強させて頂きたいと思います。

好きなことを仕事に出来る事は幸せな事です。関塚さんご夫婦には研修を受けさせて頂き農家になるチャンスを与えて頂きありがとうございます。日々精進します。

皆さんとはイベント等でお会いすることもあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

 

関塚農場ウェブサイトはこちらをクリック