2016年1月30日。

今朝は朝から雪。こんな日は薪ストーブに大鍋をかけて染めるのにぴったりです。

参加者は2名。お子さんたちとパパさんも来てくれて、外で雪遊び〜。私たちはあったかい部屋でワークショップ!

今日は玉ねぎの皮とびわの葉で染めました。

びわの葉は前もって葉をとりに行きました。近所の方のびわの木の葉をとらせていただいたのですが…背が高い!!次回は高枝切り鋏が必要(笑)

DSC05264

DSC05266

今、花が咲いています。

DSC05267

なんとか脚立に乗ってとれるところの葉を採取〜。

びわの葉を洗ってちぎって煮だすこと3日間。煮だしている間、びわの葉の甘〜い香りに癒されました。

びわは古来から民間療法では病気を治すために用いられて、アトピーやがんにも効くなどとも言われています。びわで染めたナプキンも子宮を癒やしてくれることでしょう。

染める前

こちらは玉ねぎの皮染め。

もちろん、無農薬の玉ねぎの皮で染めます。普段から気軽に集めてとっておけるのでおすすめです。玉ねぎは血液サラサラ効果が有名ですが、そのほか抗酸化作用やアレルギーの改善、血圧上昇を抑制する、抗がんなどなどさまざまな効能が期待されます。

DSC05271

ミョウバン媒染は山吹色。

DSC05273

鉄媒染はモスグリーン。写真は一回煮染めをして媒染剤につけたところで、赤みがかっています。

もう一度煮染めすると緑が出てきます。

 

DSC05277

染めあがりです。

DSC05366

奥からびわ、玉ねぎ(ミョウバン)、玉ねぎ(鉄)です。

ふんわりやわらか、温かいエコ・ナプキン。自然の素材で染めることはとても楽しい。また作りたいです!

参加者のみなさん、お疲れ様でした。