作年から製作しているパン・ピザ用石窯ですが、断熱をしたほうがいいということで、断熱をしました。

砂や灰などを利用して、断熱する方法が多いらしいのですが、今回は空き缶を大量にくっつけて、その空き缶の空間を空気で断熱できるという方法を採用しました。300個位の空き缶を利用。

空き缶と空き缶の間はいつものように稲ワラ入りの粘土を塗っていきました。

 

dsc06346 dsc06348 dsc06352 dsc06356 dsc06357

 

見てください、このツルツル感!dsc06362 dsc06363 dsc06369

 

以下の写真は稲ワラと粘土と水をこねている様子。トラクターやユンボ、耕運機を利用して、混合していきます。家づくりの土壁と全く同じ手法です。

img_2701 img_2702 img_2703 img_2704

 

 

関塚農場の農産物のご注文はこちらをクリック