畑で突然、管理機のリコイルスターターロープが切れてしまいました。

リコイルスターターロープの交換はそれほど難しくないので、自分でやっています。

何の前ぶれもなく切れることが多いです。なのでリコイルスターターロープを事前に用意しておきます。太さが機械によって何種類かあるので、太さもいろいろと用意しておきます。

これが一番重要なこと。

これから作業するという時に、リコイルスターターロープさえあれば、すぐに修理して、農作業に取り組むことが可能。

交換作業もYouTubeなどで動画で確認できますので、検索してみてください。

自分もYouTubeを見て、簡単に修理出来ました。リコイルスターターロープを用意していなかったら、作業の予定が狂っていたでしょう。

無事に修理終わりました!

IMG_2180

IMG_2177 IMG_2178 IMG_2179