最近、本格カレーにハマっています。

本格カレーを作るのが楽しくて、また、美味しいのです。

以下はイメージ写真です(私が作ったものではありませんが、似ているものを掲載します)。

 

 

本格カレーとは、カレールーを基本的には使わないで、生姜やニンニク、トマトソースやスパイス(ターメリック、ガラムマサラ、コリアンダーパウダーなど)などをもちいて作るカレーのことです。私が勝手に定義しました(笑)。

きっかけは有機農業の友人が、カレーにはまっていて、我が家にいちど持ってきてくれたことでした。そのカレーがものすごく美味しくて、いつか自分もそのような美味しいカレーを作ってみたいと思ったのです。

実際に自分でも作ってみました。幸い、カレーが好きでカレーの本が自宅にあり、その彼本を頼りしてみました。

家族にはものすごく絶賛されました。

自分でもおいしいと感じました。香りがよくて、食感も良く、なんといっても生姜やニンニクトマトソースは早く我が家のものです。カレールーを使わなくてもこんなにおいしいカレーが作れるのかと驚きました。それどころかカレールーを使ったカレーよりもよっぽどおいしいです。

作り方は玉ねぎをみじん切りにして、炒め、そこにすりおろした生姜やニンニクを入れて炒めます。さらにターメリックやガラムマサラなどのスパイスを入れ、トマトソースを入れていきます。

本当に作るのは簡単です。

時間がかかるとしたら玉ねぎのみじん切りと生姜とニンニクのすりおろしなので、そこはフードプロセッサーを使って時間短縮をしました。皆さんもぜひカレールーを使わないカレーを試してみてはいかがでしょうか?

下の写真は私が参考にした本です。

 

 

関塚農場のウェブサイトはこちらをクリック