2017年7月23日(日)、有機農業ネットワークとちぎ主催の見学会に主催者側として参加してきました。

毎年恒例の有機農場見学会です。

栃木県の芳賀町と市貝町の農場を見学させていただきました。芳賀町の農場では「綱川自然農園」を見学させていただきました。自然栽培を実践されていて、お米と野菜の圃場を見学させていただきました。

田畑輪換や緑肥などを上手に活用しておられ、自然栽培というイメージとはまた違って、田んぼも畑も非常にきちんと管理されていて、興味深かったです。納屋も綺麗に整理整頓されていて、見習いたくなりました。

市貝町の「爽菜農園」は私たちと同じくらいの年に新規就農した仲間で、私たちと同じようにお米、野菜、平飼い養鶏実践しています。麦や大豆を何種類も作ったり、野菜の品種を何種類も試したり、いろいろなことを実践していました。忙しい中で、なんとか時間を作り、毎年挑戦されているところが素晴らしいと思いました。

またナスやピーマンは普通、輪作するのですが、不耕起 (耕さない)で実践すると、連作できるそうです。元気に育っており、真似したくなりました。

 

見学会終了後、懇親会も行いました。飲み物も食べ物も一品持ち寄りで行いました。農家の方が多く集まったこともあり、素材を知り尽くしたようなおいしい料理ばかり揃い、大変美味しかったです。同じようなことを実践しているので話題もつきず、情報交換も出来て、非常に有意義な懇親会になりました。

 

 

有機農業ネットワークウェブサイトはこちらをクリック