ヒノキのテーブルが完成。脚を工夫したので、なんと座卓にもテーブルにもなります。毎回のことですが、また、ほとんど父に作ってもらいました。えごま油を塗布してあります。いやー、一枚板はいいですね!

父に感謝、感謝。

DSC03870 DSC03868 DSC03872 DSC03876 DSC03875 DSC03877

まずはヒノキの一枚板を平らにしていきます。電気カンナを使います。定規を当てて、高いところをひたすら削っていきます。ここにはちょっとした工夫が・・・。電気カンナの刃の両側を砥石で丸くしてしまうのです。こうすることで、電気カンナより幅の広い板を削るときに、電気カンナの跡がつきづらくなります。平になったら、サンダーで綺麗にしていきます。

DSC03717 DSC03708 DSC03706

DSC03721

 

脚はちなみにこんな感じです。家に余っていた、杉の材料で作りました。この脚のおかげで座卓にもテーブルにもなるのです。こちらの脚はネット上の情報を参考に作成。すごいこと考える人、いますね。

IMG_0535 IMG_0532